第2回全国医療介護連携ネットワーク研究会を開催

2014年8月23日、第2回全国医療介護連携ネットワーク研究会が東京青山にて開催されました。主なトピックとして、医療介護SNS「メディカルケアステーション(MCS)」を全県域で導入している栃木県・群馬県の事例について報告がありました。栃木県での詳細については栃木県医師会常任理事で医療介護連携ネットワークを推進している長島公之先生より報告があり、MCSを用いた実証実験が成功し、全県統一の医療介護連携ネットワークとして決定したこと、システム採択にあたっての条件についてのお話がありました。